文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

【モデルコース】北品川 「旧東海道で出会った粋と絵本の中みたいなカフェ」編

 

 コース: そば処 いってつ → zakka café La capi

 

(ママ37歳、息子7歳、しずえさん37歳、まるちゃん8歳)

 

しずえさん母子と私と息子は、昼下がりの午後、北品川駅で待ち合わせた。

お盆を過ぎた東京は、暑さもだいぶ和らいだけれど、雨の日が続いて、
大人も子どもも家でゴロゴロ過ごすことが多かった。
エアコンは除湿モード。暑さは和らいでも、結局節電とはいかないので、

「クールシェアしながわMAP」のカフェ巡りは続行していた。

 

今回の散策場所は、北品川駅。

まずは「そば処いってつ」で、ランチ。

北品川といえば、江戸の五街道のひとつ、東海道の道の名残が今でも残るエリア。
自然と粋にお蕎麦を食べたくなる。
 
 
広い店内の奥には、壁一面、江戸の品川の海を描いた浮世絵だった。
「そば処いってつ」は、旧東海道を歩く旅人、もとい散歩人の心をわかってくれている。

メニューにも、「おいらんそば」「品川宿そば」など、ここならではのオリジナル蕎麦が並んでいる。

 

しずえさんはクールシェアメニューに選ばれていた「冷やしそば」に、子どもたちは「天ぷらそば」をオーダー。

私は悩んだ末に、「品川宿そば」にした。

先に運ばれてきたしずえさんの「冷やしそば」は、蒸し鶏とたっぷりの葱が食欲をそそった。

氷も入っていて見た目も涼しげだった。

 
 
そして私の「品川宿そば」は、お蕎麦の上にはぎっしりのアサリ、そしてそば猪口の汁は真っ赤だった。
 
 

「味を変えたい時には、こちらの生卵を汁に入れてください」と、店員さん。

 

まずはアサリと一緒に真っ赤な汁でお蕎麦をいただく。
ラー油の辛味とアサリの佃煮とお蕎麦、、ビールが欲しくなるようなしっかりとした味だった。

そして今度は生卵を汁に溶いてみると、まろやかになり、最後まで美味しくいただけた。

お蕎麦だけども、ラー油と、蕎麦つゆと、アサリと、海苔と、、いろんな味が重なって生まれる、ここだけの味だった。

 

そば処いってつ(北品川1-30-23
☆クールシェア特典☆
冷やしそばを700円にてご提供
☆クールシェアメニュー☆
冷やしそば(850円)
☆クールシェアリンク先☆
http://shinagawa.sharemap.jp/spots/16397

 

                                                    次のページ ≫

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933