文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

【開催レポ】 東京の森あそび 木づかいツアー

 

品川から車で約2時間でいけるところにある東京の森。

国産間伐材有効活用事業の一環で、東京の森の現状を知ってもらおうというツアー。

小学生の親子を対象に、夏休みに合わせ2回に分けて開催しました。

 

DAY1 青梅市、成木へ

成木は戦時中、大崎の芳水小の子供達が疎開していたところ。

そんなご縁もあり、江戸時代から続く中島林業さんにご協力頂き、間伐体験〜木の皮むき&丸太ベンチ製作〜スイカ割り〜川遊びまで!1日東京の森で楽しく学んできました。

 

▼まずは「東京の森」の現状把握から。中島林業の中島大輔さんによるセミナー

 

 

▼続いて、成木の家で腹ごしらえ。午後の山仕事に備えます。

 ちなみにこの日のランチは、青梅市ロケ弁コンテストで特別賞を受賞した

 つぶあんカフェさんの青梅産の食材をたっぷりつかったお弁当。

 

  

▼いよいよ山の中へ。安全のため、ヘルメットを装着。

 

 

▼間伐体験。 

  

 

▼間伐した木の皮むき。木肌は濡れ、水分を十分に吸収しているのが分かります。

 

 

▼皮をむいた丸田でベンチを作っていきます。

 

▼完成したベンチに座って記念撮影

 

森を守り、育てていく方達がいるからこそ、まちで暮らす私達もその恩恵を受けることができる。
少しずつではありますが、区民の方に知ってもらえる機会を今後もつくっていけたらと思います。

 

 

DAY2 @品川区大崎 ㈱池田元一商店

8/20(土)中島林業さんで仕入れた木材を利用した

「カッティングボード作りワークショップ」を開催しました。

 

青梅市の‘森を知ってもらうツアー’に続き、

‘まちで木をいかに使うか’を考えてもらうきっかけになればと企画しました。

 

▼まずは、東京の森の現状のふりかえり。

 8/6の森あそびツアーのムービーを見てもらうところからスタート。 

 

 

▼つづいて、会場を提供してくれた、㈱池田元一商店さんの作業場を見学。

 なかなか普段見れない、リフォーム屋さんの大工さん達の仕事場に一同興奮気味。

東京の木材をまちで活用するには、池田さん達のように区内で受け皿になる存在が不可欠。

 

▼いよいよ、カッティングボード作り。この日用意したのは、杉と檜の二種類。

 まずは、木材選びから。1枚1枚、表情が違う材の中から好みの1枚を選びます。

 

▼続いては、鉛筆で下書きした後、電ノコで加工していきます。

 

▼難しいところは大工さんの出番

 

 

▼最後はやすりで削って、オイルをぬったら、完成

 

 


 

東京の森あそび 木づかいツアー

 

ご存じですか?

東京は、面積の36%が森林なんです。

これまで、商店街連合会では、約4年間に渡り、「国際間伐材」の普及活動に取り組んできました。

今年はより深く、森の現状や木の流通を区民の皆様に知っていただこうと、

「東京の森あそび 木づかいツアー」を企画しました。

 

 

 

間伐材を少しでも身近に感じ、木材を使うことの大切さから

毎日でも使える道具づくりの楽しさを知ってもらえたらうれしいです。

 

コースは、2つのコースをご用意!

両方のコースに参加すると、

「私たちの暮らしと森の関係、木を使うことの大切さ」を体感していただけます。

 

 

 

Aコース 8月6日(土) 東京の森あそび @東京都青梅市 

     森の中へ 森と遊ぼう! 間伐材体験や丸太ベンチづくり、川遊びなど

Bコース 8月20日(土) 東京の木づかい @東京都品川区

     東京の木を使った「カッティングボード作り」

○対   象:小学校3・4年生とその保護者2名1組 10組20名 (定員を超える場合は抽選)
○募集期間:6/15(水)~7/10(日) 
○参 加  費:A・Bコース両方参加 5,000円(1組) /A or Bコースのみ参加 3,000円(1組) 
            ※当日払い(お釣りのないようにお願いします)
○応募方法:品川区商店街連合会HP内、応募フォームより応募↓
 
○お申込先・お問い合わせ:品川区商店街連合会 事務局 担当:えのきだ

 TEL:5498-5931 E-Mail shoren@shinagawa.or.jp

バリュー・アド大作戦

品川の生鮮三品のお店めぐり

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933