文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第6回】 2013/3/21(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第6回】 黒船襲来・上

 

2/2ページ

 

 そんな大型店の台頭や家電製品の発達により、主婦は家事に従事する時間が短縮され専業ではなくなり、パートタイマーや働く女性が増え始めると、さらに商店街からお客様の姿が減り始めて行った。

 

 そんな状況に、生鮮品を売るお店も対面販売からセルフスタイルに改装したり、いくつかの店舗が集まり自らがワンストップショッピングを実現し対抗していく。

 
昭和40年代の商店街の様子
 

 しかし商店街はかなり保守的な考え方の経営者も多く、価格訴求や営業時間、定休日などお客様のニーズに対応しようとする店舗が現れると、抜け駆けだ!裏切りだ!と非難される事もしばしばあったようだ。

 

 大型店の進出により淘汰もおき始める。商店街の生鮮品店や衣料品店で閉店する店が出てきたり、逆に大型店の集客力を当て込み周辺に生鮮品を売る店が開業し、大型店を核とした街も多くなった。

 

 なんとか商店街を守ろう!と様々な業界団体や組合が横並びだった規制を緩和し、消費者のライフスタイルに合わせようとする動きが少しずつ広まり始めた。

 敵を知る為に大型店に視察に出かけたり、先進事例を学ぶ為に有名な商店街へ研修に出かけ、成功しているイベントや販促事業を取り入れ、何とかしようともがいていた。

 

 

 

*次回は、3/28(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第7話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933