文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第12回】 2013/5/30(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第12回】 就職活動・下

 

2/2ページ

 

 時間は過ぎて行き、他に就職試験を受ける訳でも無いままその会社から内定の知らせが届いた。まあコネだから当然か、などと今思えばとんでもなく失礼な感想だった。

 

 春になると、内定者による新入社員研修が招集され合宿研修が行われた。断る理由も無く他に就職先も無いので参加した。

 およそ20名の新卒者が集まり、早朝からランニングや掃除、基礎知識や会社の経営理念などを教わった。そして研修も終盤にさしかかった頃、大学から自宅へ2度目の留年通知が届いた。人事課長のところへ、大変申し訳ありませんが卒業できませんでしたとお詫びに行き、当然内定は取り消しかと思われた。

 ところが「それは困る卒業できなくても来なさい」と言われ、耳を疑った・・なんてことだ!

 

 やっと気づいた。社長が決めた事であって、どんなグーたら学生でも一度“預かる”と親父と約束した社長は、私を入社させてくれた。

 

 週に1回は休日に学校に通いながら会社に勤める、勤労学生の始まりだ(本当の勤労学生からは叱られそうだ)。

 

 

 

 

*次回は、6/13(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第13話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933