文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第17回】 2013/8/8(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第17回】 地方の中心市街地・下

 

2/2ページ

 

 そんな平成3年の初夏、本社から内示が届いた。愛知県半田市郊外に建設される大型商業施設、新店舗の店長として転勤の辞令だった。

 

 この頃になると、さすがに同期の社員は店長として日本各地の支店で活躍していて、私も断る理由が見つからなくなっていた。しかも新進気鋭のスーパーマーケットが手がける、当時としては先進的な商業施設で、大型百貨店や高級スポーツクラブ、プールを併設した魅力的な施設にやりがいを感じて転勤を決めた。

 時代の先端を行くような郊外の大型ショッピングセンターの新店舗、何もかもが新しく、期待に胸が膨らんでいった。

 

 新潟県長岡市、中心市街地の駅ビルから愛知県半田市郊外の大型ショッピングセンターに職場が移り、新店舗の店長としてマネージメントしていく立場になった。

 開店準備のために店舗建設中から愛知県半田市へ転居する事になり、住まいを探しに名古屋鉄道、通称、名鉄河和線の知多半田駅に降り立ち、アパートを探し始めた。

 

 

 バブル景気も終盤を迎えて、最後の好景気を謳歌していた頃だった。

 

 

 

 

*次回は、8/22(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第18話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933