文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第18回】 2013/8/22(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第18回】 郊外型の大型商業施設・上

 

2/2ページ

 

 赴任先は、広大な工場の跡地に建設される大型ショッピングセンターの専門店街だった。隣接店舗は同業の競合店が3店舗、合計4店舗の同業者が同じフロアの同じ一画に集められて競争を強いられるレイアウトで、当時様々な商業施設で試みられた店舗レイアウトだ。消費者にとっては価格やデザインを比較しやすく、お客様のニーズに合わせたレイアウトではあったが、販売店舗からすれば、丸見えの隣接店舗でお客様が買い物をするのを横目に何度も悔しい思いをしたものだった。

 

 新規開店準備の為に3ヶ月ほど前に転居し、忙しい日々がスタートした。東京からやってくる主任を迎える住まい探し、現地採用社員の面接、中部地区のブロック会議への出席、挨拶周り、開店前の社員教育、商品の仕入れや陳列など目まぐるしい日々が続いたが、新しい店舗と新しいスタッフによる新天地でのスタートには内心不安もありつつ闘志や希望でみなぎっていたように記憶している。

 昇進が遅れ少なからず湧いていたコンプレックスも闘志に置き換え、責任を持って任された店舗を運営しようと、正直、張り切っていた。

 

 6階建てのマンションの6階の部屋は、周辺にあまり高い建物もないおかげで市内が一望できた。

 

 中部地方の半島に位置する港湾都市にも空前のバブル景気が押し寄せ、豪華な郊外型の大型ショッピングセンターが開業しようとしていた。

 

 

 

 

*次回は、9/5(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第19話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933