文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第19回】 2013/9/5(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第19回】 郊外型の大型商業施設・中

 

2/2ページ

 

 

 赴任先のショッピングセンターにはそのような全国展開のチェーン店が多く出店していて、働く従業員も日本全国から20代~30代の若い店長たちが集まり、企業の業績を上げるべく闘志を燃やしていた。

 

 会社の管理職の末端を任され、見知らぬ土地ではじめて会う部下に対する対応や責任のプレッシャーと葛藤しながらも、やりがいのある楽しい日々が続いた。

 同じマンションに住んでいたり同じフロアや隣接する店舗の従業員ともすぐに仲良くなり、様々な場面で相談に乗ってもらったり悩みを共有し、地方の郊外にある大きなショッピングセンターでマネージメントのノウハウの経験を積ませてもらった。

 

 新しい店舗、新しいお客様、新しい住まい、新しい同僚、新しい友人・・

 この頃、地元の東京戸越銀座をはなれ、数年間地方都市に暮らし仕事ができた事はとても大切な経験で、このような機会を与えていただいた会社に心より感謝している。

 

 のちのち会社が上場する直前に会社を退職するが、大きな変革の時代に勤めていたことを今でも誇りに思っている。

 

 

 

 

*次回は、9/19(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第20話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933