文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第28回】 2014/1/23(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第28回】 土用の丑の日

 

1/2ページ

 

 毎年、土用の丑の日になると美味そうな蒲焼の香りが商店街を支配する。普段から評判のうなぎ屋「双川」のあるじ、瀬川さんも元理事長の一人だ。

 

 瀬川さんは新潟県長岡市のご出身、コシヒカリの里で生まれ育った。若い頃、銀六商店街の酒屋さんで働いている頃、双川のお嬢さんと結婚して先代を引き継ぎ、うなぎ屋さんになった。

 

 幅広い趣味の持ち主でうらやましい限りだが、真似をしようとしても横着者の私には絶対に無理だ。そんな瀬川さんなのでとても博識で、役員の中でもご意見番として皆に頼りにされている。商店街に問題が起こった時も、瀬川さんに相談するとほぼ解決する!

 

 

 「双川」のうなぎは一度食べるとやみつきになる蒲焼で、お客さんをはじめ、全国からみえる視察研修の方々にも評判だ。秘密は調理法にある模様。関東では背開きで焼いた後、蒸して調理する。関西は腹開きで、蒸さずに白焼きのままタレにつけて調理されるが、双川の蒲焼はそのどちらでもない。

 

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933