文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第29回】 2014/2/6(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第29回】 華麗なる一族

 

2/2ページ

 

 モトアキちゃんは私が商店街の手伝いを始めた頃、俺は若い頃、君のお父さんに世話になったんだ!とよく話してくれていつも目をかけてくれた。

 親父は私が商店街に戻ってから3年ほどで他界するのだが、モトアキちゃんや他の商店街役員の方々から親父の話を聞かされ、家族から見る親父と商店街の役員として働いた親父像に少なからず感じていたギャップが、同じ場所に立ってみて初めて少しずつ解消されていったものだ。

 

 モトアキちゃんは商店街を代表する「呑べい」でもある。とても楽しい色気のあるお酒を飲む人で、商店街の研修旅行へ行くといつも主役の一人だ。たいがい司会や幹事として場を盛り上げていた。

 

 モトアキちゃんの従兄弟でお隣の「喫茶はりまや」(現在はカードゲームなどを販売するお店に衣替えしている)の秀ちゃんは商店街の専務理事だ。本業は保険代理店を経営しながら商店街の店舗をご両親と継承している。

 以前営んでいた「喫茶はりまや」では近所の子供たちに人気の太鼓焼き(今川焼き)が売られていて、店の前を通るとたっぷりの餡子や皮の焼ける美味しそうな香りにいつも魅了されていた。店頭ではおでんも売られていたり、店内の甘味や正統派ラーメンといった昔ながらの喫茶は、まるで映画「寅さん」に登場するセットのようだった。

 

 また「はりまや」一族の特徴なのか、秀ちゃんも楽しい色気のある酒飲みで一緒に飲むととても楽しい人だが、普段は切れ者で頼りになる兄貴分でもある。

 

 

 関東大震災後に戸越銀座に移り住んだ中ではとても古い一族で、いにしえの戸越銀座の生き証人といえる人々だ。

 

 

 

*次回は、2/27(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第30話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933