文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第30回】 2014/2/27(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第30回】 世界のホームラン王

 

1/2ページ

 

 世界のホームラン王と言えば王貞治さんに決まっているが、うちのはす向かいの精肉店「中村忠商店」にいた西さんは、王貞治さんにそっくりだ。小さい頃はなぜ王選手が近所の肉屋さんなのか真剣に悩むほど似ていた。

 

 西さんは「中村忠商店」のお嬢さんと結婚して店主となり、若い頃から商店街の理事として地域に尽くし理事長を歴任した一人で、うちの親父と同年代の大先輩だ。

 とても紳士で、組合員やお客様からも信頼が厚く、現在は引退して趣味の盆栽に精を出しているが「とごしぎんざまつり」では盆栽仲間を引き連れて自慢の盆栽を披露してくれる。毎年、盆栽のことを詳しく説明してくれるのだが、その「侘び寂」を私が理解するには当分時間がかかりそうだ。

 

 

 商店街がとても活気があった昭和40年代当時は生鮮食料品を売る店舗が多く出店していた。

 商店街の中には肉屋さんは6~7軒、八百屋さんも5~6軒あっただろうか。八百屋さんの隣が八百屋さんで肉屋さんの前に肉屋さんが出店するといったように、とにかく生鮮食料品を中心として賑わっていた。

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933