文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第31回】 2014/3/13(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第31回】 俺のオムライス

 

1/2ページ

 

 一般的にオムライスといえば洋食屋さんにおける主役だが、町の中華料理屋さんにはカツ丼などと共にオムライスが定番メニューとして存在する事が多い。

 

 

 「中華料理 錦華楼」 もそんなお店の一つで、このオムライスがとにかく旨い。本格洋食や流行のフワフワ半熟玉子のオムライスではなく、しっかりと焼かれた薄焼き玉子としっかりと味付けされたチキンライスに真っ赤なケチャップがこれまたしっかりとかかる素朴なオムライスで、私がいまわの際に食べたいものの一つ、まさに「俺のオムライス」だ。

 

 娘が小さい頃、いつも連れ立って錦華楼へ行きオムライスを食べた結果、娘にとっても「私のオムライス」になり、これだけは譲れないようだ。

 

 


「俺のオムライス」こと錦華楼のオムライス
スタッフもいただきましたが、
とっても優しいお味でした

 錦華楼は、商店街では老舗の中華料理店で、創業者は地元の町会長、商店会長、業界の組合長などを歴任した功労者だ。

 

 既出の3羽ガラス、金田園の正作さんと蒲鉾屋のちょうさん、テーラーのシーさんが腰を抜かすまでしこたま飲んでいたのも、この錦華楼だった。

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933