文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第35回】 2014/5/8(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第35回】 バンクオブ商店街

 

1/2ページ

 

 品川区内に「島田」と名前のつく葬儀屋が数軒あるのだが、そのうちの一つが商店街の会計を長く担当する「島田葬儀社」だ。

 

 島田と名のつく葬儀屋は同じ一族から派生し、縁戚関係にあるそうだが、皆、地域に根ざした堅実経営の葬儀屋として信頼されている。

 

 そんな堅実さからか、商店街の金庫番「会計」は現在の経営者、雄ちゃんのお父さん二郎さんの時代から「島田葬儀社」と決まっている。二郎さんもまた、うちの親父たちと同年代で長く地域に貢献した人で、よく消防団の制服を着て忙しそうに走り回っていた。

 

 

 二郎さんといえば、うちの店でメガネを作ってくれるのだが、いつも決まって同じデザインのセルロイドで色もビール色、新調してもまったくわからない物を指定する。

 

 結局、理由を聞けないまま他界されてしまったが、何かこだわりがあったに違いないと、聞けなかった事を少し後悔している。無口な人だったが、葬儀屋さんがあまりおしゃべりでもおかしいし本当は家の中では違ったのかもしれないので、機会があったらいろいろ奥さんに聞いてみたいと思っている。

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933