文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第37回】 2014/6/5(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第37回】 枯れ始めた花祭り

 

1/2ページ

 

 愛すべき商店街の仲間たちに交じり、当時一番若い理事として商店街の運営に関わることになった頃、商店街は最後のバブル景気を経てその後始まる長い不況に突入しようとしていた。

 商店街を活性化しようと様々な季節ごとのイベントを理事たちが集まり企画していたが、前述したように伝統的な昔はそれなりに人気のあったイベントが多く、かといってどれも特段目新しいものではなく、商店街にはあまり人が集まらなくなっていた。

 

 毎年恒例となっていた春のイベント「ぎんろく春の花祭り・フラワーセール」は、始めた頃こそ行列が出来る人気イベントだったが、回を重ねるうちに様子が変わってきた。大量に仕入れた「花鉢」を期間中お買物をしたお客様に抽選で差し上げるもので、春を告げる商店街の風物詩だったが、年々抽選で当たる「花鉢」が大量に余るようになってきた。だが理事たちは「しょうがないよ・・景気も悪くなってきたんだから」と楽観的だった。

 


 大量に仕入れた「花鉢」のうち、およそ6割ほどが残ってしまうまでになってくると、本来お買い上げ特典の抽選で差し上げるべき「花鉢」をただ商店街を歩いているお客様に無料で配り始めることになった。残るくらいならあげてしまおう!ということだが、今度は歩いているお客様すら少なく差し上げるのにも一苦労する始末で、しまいにはもったいないから商店街の組合員の店に配ってしまおう・・そしてなんとか「花鉢」を配り終えると「やれやれ、お疲れさん」と反省会を兼ねた懇親会が開かれた。

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933