文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第38回】 2014/6/19(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第38回】 ちびっ子祭り

 

1/2ページ

 

 ちびっ子と言えばこどもの日を中心とした5月のゴールデンウィークに開催していたのだが、当時ゴールデンウィーク中の商店街は連休する店舗が多く、人通りが全くなくなり空っぽになってしまうので、5月後半から6月に近隣の幼稚園児の書いた絵画を商店街に展示し「ちびっ子祭り」というイベントを開催していた。

 

 事前に、絵画を展示する為の特製什器を役員総出で組み立てたり、各幼稚園とコンタクトを取り絵画を依頼したり、引き取りに行ったり、什器に絵画を展示したりと、準備には大変な時間を要していた。また当日開催する様々な催しの準備も毎年のことながら大変だった。

 

 それでも多くのお客様が楽しみにしてくださり当日、商店街へお越しいただけると思えばやりがいもあったのだが、回数を重ねると事情が変わってくる・・子供の絵画を見にやってくる家族は多いのだが、目的はそれだけ。準備した露店やゲームはあまり人気が無く、チラシで告知した各店舗のセールも売上げが上がらず、苦労して開催しても商店街には人影もまばらで、用意したお好み焼きやカキ氷は役員さんたちの胃袋に収まる確率が高くなっていった。

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933