文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第38回】 2014/6/19(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第38回】 ちびっ子祭り

 

2/2ページ

 

 お客様から見れば、商店街で開催するイベントよりも、お金を払ってでも行きたい遊園地や有名芸能人が出演するショッピングセンターのイベントの方がはるかに楽しいし、魅力的なお土産や豊富な品揃えで買い物ができる事が当たり前になりつつあり、全てにおいて商店街は見劣りしているように思えた。

 

 こんな時こそ、商店街らしい魅力あるイベントで集客し楽しく買い物をして頂きたいのだが、毎年年間の事業計画を決める時期になると、新しい事業は盛り込まれず、それどころかほとんど同じ内容の事業計画を立てていたのだからマンネリになるのも当たり前だった。準備する方も、効果があるかないかよりも、新しい事業を考えるのも大変なので同じ事業を半ば仕方なくお座なりにやっていた。そんな状態ではお客様から見たら楽しい訳がなく、子供の絵画を家族が見に来る程度で、たまたま、展示している場所が商店街というだけだった。

 

 商店街活性化の名の下に、大切な組合費や、助成金という税金を浪費しているのではないだろうか・・

 こんな事では商店街組織に加盟しても意味がないと思う店舗が増えてもおかしくないし、商店街の存在意義にすら疑問が残る。

 

 その頃から、意見や文句があるならお前が事業を考えてみろ!と言われる事が増えてきた。当時、私はどうしたらもっと人が集まるイベントが出来るのだろうか・・とばかり考えていた。今まで小さな商店街であまりやったことが無い事をやってみようと、近所の国道沿いにあった自動車ディーラーに掛け合い、商店街の空地に新車を飾ってもらい集客の目玉としてイベントをやってみたりしたが、現実にはあまり効果が無かった。

 

 

 人が集まるイベント・・実はそこにそもそもの大きな間違いがあったのだが、大事な事に気付くのにはそれから更に時間がかかった。

 

 




新車を集客の目玉にしてみたが…

 

  

*次回は、7/3(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第39話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933