文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第41回】 2014/8/1(金)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第41回】 元気出せ!商店街・下

 

1/2ページ

 

 月に一度のフリーマーケットが定着し始めて、店頭で販売するかき氷やお好み焼きがそこそこ売れるようになってはきたが、まだまだ休んでいる店も多く、商店街を訪れる人の目的はフリーマーケット見物が主だった。

 

 そんなお客様に商店街のお店でも買い物を促すのだが、思うようには売れていかない。普段と同じようにシャッターを開けているだけでは見向きもされなくなっていた。目的はフリーマーケットであって、商店街の店舗で買い物をするのは主たる目的ではないので、ついでにちょっと食べ歩きが出来るような商品は売れても、大型店やコンビニ、スーパーでも買える商品までは、なかなか難しかった。

 

 地域のお客様に商店街を開放して賑わい作りに参加して頂き、商店主は販売に専念しながら活性化を進める、という考え方がある程度は成功したようにも感じたが、お客様に以前のように買い物をして頂けるようになるのは至難の業だった。

 

 

 なぜだろう・・どうしたら・・と思いながら何気なくフリーマーケットに並ぶ商品や販売する方々を観察していると「あれっ!」と思うような光景をたびたび目にした。

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933