文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第41回】 2014/8/1(金)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第41回】 元気出せ!商店街・下

 

2/2ページ

 

 自分たち商店主は販売のプロだから素人のフリーマーケットから学ぶものなんてないとタカを括っていたが、よく見ると、買い物をする人と販売をする人がやけに楽しそうに売り買いをしている。値切ってみたり、値切られてみたり、どれだけ自分が大切に扱ってきたものか、気に入って購入したものなのかというストーリーを一生懸命訴えている。月に一度、たまに不用品を売っているから出来るだけなのだろうか・・

 

 我々商人は、毎日お客様に楽しんで買い物をして頂けているだろうか?スーパーやコンビニのセルフ販売のように、漫然と品物を並べてシャッターを開け、お客様がやってくるのを待っているだけで、あえて商店街で買い物をして頂く為の努力や付加価値の創出を怠ってはいないだろうか?

 

 バブル期を境に、長引く不況や新たなビジネスモデルが出現する中、商店街は疲弊してきた。商店街が活気に満ち買い物客で溢れ、品物を並べておけば近所の人が買いに来てくれる時代は終わった。しかし、それでも商店街を活性化させたい。

 

 

 “商店街は地域のプラットフォーム”と言われて久しいが、現在ではどうだろう?各地の駅前商店街は人影もまばらでプラットフォームとしての役割を果たすには役不足になりつつあるところが増えてしまっている。商店主も総じて元気がない中、行政も様々な支援策で地域のプラットフォームを守ろうとしているが、その使い道を間違えてしまうとなかなか活性化には繋がらない。

 

 お客様が楽しく買い物が出来る、喜んでやって来るような商店街を取り戻す。その為に商店主や商店街がもっと考え、お客様に振り返って頂けるように、「元気だせ!商店街!」

 

 

 

*次回は、8/14(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第42話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933