文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第42回】 2014/8/14(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第42回】 シルバー時代の本格到来・上

 

1/2ページ

 

 不特定多数のお客様が集まる休日のイベントは地域住民参加型のイベントにシフトし、役員が揃いの半纏で行う露天も極力減らして、商店主として少しづつ自分の店の商売に専念できるようになっては来たが、日常のにぎわいまで取り戻すには至っていなかった。そこでもっと商店街を利用してもらう策として「お得意さま作り」をしようという事になった。

 

 一般的な商店街のお得意さま作りといえば「スタンプ」や「ポイントカード」などが有効とされていて、データベース化を図り顧客管理をして、リピートしてくださるお得意さまを増やしていくような、例えば、世田谷区烏山駅前通り商店街の烏山方式と呼ばれる「スタンプ事業」等が有名だ。私たちもスタンプ事業を始めようかと視察に行ったり研究してみるのだが、導入コストやランニングコストを考えると我が商店街では負担が大きいし、やるからには徹底した参加店への啓蒙がなされないとかえって逆効果になることもわかってきた。そんな諸刃の剣の事業に、当時の我が商店街では様々な理由から成功できる自信が持てないでいた。

 

 そんな頃、墨田区向島のキラキラ橘商店街が始めた「シルバーカード事業」を新聞で目にし、役員を誘って視察に出かけた。日本が超高齢化社会へ突入してシルバー世代が消費の大きなウェイトを占める時代、商店街で買い物をして頂く世代もシルバー世代が圧倒的に増えてきていた。そんな「シルバー世代」をひいきして「お得意さま」になって頂き、日常のにぎわいを復活させようという事業だった。

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933