文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第45回】 2015/1/22(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第45回】 商店街に異議あり!

 

1/2ページ

 

 「ここにしかない、ここでしか買えない!」そんな商品やサービスが提供できないか、大型店やスーパーには無い商品計画をと、1998年末頃、商店街の理事会に出席して1枚の企画書を配った。

 

 「戸越銀座オリジナル商品開発参加のお願い」のタイトルで、商店街で統一のロゴマークやパッケージデザインを作成して、コンセプトや理念、商品説明、商店街の生い立ちや背景などを明示してそれぞれのお店で販売していこう、企業や会社でいえばCI事業のような、地域社会の中で商店街の存在意義を再構築し個店の販売を強化するとともに商店街の社会的認知度やイメージアップをはかろう、というものだった。

 

 例えば、ケーキ屋さん、パン屋さんなどの日々オリジナル商品をすでに作っている店は、お客様の意向を取り入れた新しい味や形の商品を、戸越銀座ブランドのコンセプトに基づいて、作ろう!メーカーや問屋さんから仕入れをしている店では、店内で評判のいいコンセプトに見合うような商品をメーカーや問屋さんとタイアップしてプライベートブランド化を模索しよう!と働きかけた。

 

 酒屋さんなら、珍しい東京の酒蔵で作られる純米酒、ケーキ屋さんはデパ地下の有名洋菓子店に負けない安心安全の手作りクッキー、洋品屋さんならオリジナルロゴマークの入った、住民のアイデンティを喚起するようなTシャツやタオルなど、それぞれの業種業態に合わせた商品やサービスを提案した。

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933