文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第47回】 2015/2/26(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第47回】 とごしぎんざの御酒です・中

 

2/2ページ

 

 また、当時開局して間もない「ケーブルテレビ品川」という地元のケーブルテレビ局が戸越銀座にあったご縁で、なんとか宣伝できないものかと持ちかけると、格安のコマーシャル枠があることがわかり、早速作成を依頼した。

 今まで商店街で販売する商品をテレビで宣伝するなんて考えてもみなかったが、より多くの人に知ってもらいたい、買ってもらいたいとの思いから『「江戸越えの純米酒 とごしぎんざの御酒です」 新発売!父の日のプレゼントにいかがですか?視聴者の方に10本プレゼントします!!』というコマーシャルが出来上がり、発売と同時にケーブルテレビで流れ始めた。

 

 発売して1週間ほど経つと、不安が確信に変わり始めた!コマーシャルを見たお客様からどこで買えるの?という問い合わせが多く寄せられるようになってきたのだ。酒屋には普段見たことも無いお客様が「とごしぎんざの御酒です」を指名して買いに来るようになっていた。

 

 当時、戸越銀座通りにある3つの商店街振興組合に加盟する個人営業の酒屋さんは7軒ほどあったのだが、「とごしぎんざの御酒です」を最初に販売したのは駅からは一番遠い、立地としては一番不利な酒屋1軒だけだった。そんな不利な立地の酒屋に次々とお客様がやってくるようになった。「やっと見つけた!」「あったあった!」と迷い、尋ね、探してたどり着き、喜んで買っていくお客様が日に日に増えていき、私も毎日酒屋に通い、売れ行きを店主に尋ねるのが日課になっていた。“何かが動き始めた”のを感じた頃だった。


完成した、
江戸越えの純米酒
とごしぎんざの御酒です

 

 

 

*次回は、3/12(木)公開予定です。お楽しみに!
  →都合により更新が遅れております。申し訳ございません。

 

|2

<< 前のページへ

第48話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933