文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第48回】 2015/3/19(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第48回】 とごしぎんざの御酒です・下

 

1/2ページ

 

 「とごしぎんざの御酒」が発売されて数ヶ月間、毎日のように酒屋へ売り上げ本数を聞きに行き、とにかく責任も感じていたので、店頭のレイアウトを一緒に考えてみたり取材に立ち会ったりと気が気ではなかったのを覚えているが、結果が出ていることに自信を深めてもいった。

 

 また少しずつ、様々な媒体からの取材依頼も舞い込むようになってきて、商店街が作るブランド商品は日本で初めてですよね!是非とも取り上げてニュースにしたい!とか、商店街活性化の切り札になりそうですね!など、今まで商店街に来た事も無いようなマスコミが取材にやってくるようになった。ニュースになるとその後、さらに売り上げ本数は増え、酒屋で売っている日本酒の中で「とごしぎんざの御酒」はダントツの売り上げを占めるようになっていった。

 

 しかし、年内に「とごしぎんざブランド商品を10品目作る」という約束をクリアするには、酒屋だけではなく様々な業種や店舗でオリジナル商品を作り、売り出す必要があった。だが、なかなか共鳴して自らも参加しようという店舗は現れず、行き詰まりを感じていた。

 

 

 そんな折、酒屋とケーキ屋のマコちゃんが、泊まりがけで釣り三昧の旅に出かけるという話を聞いた。私自身はたいした釣りの経験も無く、生きた魚に触る事さえほとんど無かったが、「これはチャンスかもしれない!」と思い、同行する事にした。一緒に旅をする中で、「とごしぎんざブランド作り」や「商店街の将来」について話をしてみようと思ったのだ。

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933