文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第54回】 2015/6/18(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第54回】 とごしぎんざのお休み処

 

2/2ページ

 

 早速、品川区のチャレンジマートという空き店舗対策事業を申請し補助金を使い、内装費や広告宣伝費を捻出して休憩所作りが始まった。

 

 戸越銀座銀六商店街のランドマークとして情報発信やインフォメーション機能を兼ね備えたスペースにしようと、「とごしぎんざブランド商品」のサンプルやパネル展示、地域情報を常時発信する「ケーブルテレビ品川」専用テレビ、当時は珍しかった自由に使えるパソコンを配置してインターネットを閲覧できるようにして、シルバーカード会員優先のお休み処としてオープンする事になった。

 

 

 空き店舗が連なる一角に休憩所を設ける事で、お客様の導線を確保して更に来街者を増やす事を目指しオープンしたお休み処は、たちまち評判となり、商店街を利用するお客様の憩いの場所になっていった。また、「戸越銀座」のランドマーク、インフォメーションとしての機能も十分に果たしていく事になる。


※クリックすると拡大します

 

 

 その後、戸越銀座銀六商店街では2箇所、合計3箇所の空き店舗対策を実行し、現在は繁盛店が入居したり、地方の物産を販売する拠点としてシャッターが閉まる事はなくなりつつある。それでもまだ数箇所、様々な理由でシャッターが閉まっている店舗があり、悩みは尽きない。

 

 

 

*次回は、7/2(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第55話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933