文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第57回】 2015/7/30(木)

 
>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第57回】 とごしぎんざまつり

 

2/2ページ

 

 その時集まった各商店街の青年部員は、今思えば戸越銀座維新志士だったのかもしれない。高度成長期からバブル期にかけての成長期とは違い、長く続く商店街の停滞期に家業を継いだり起業した者達で、危機感は一層強かった。

 

 そんな、「戸越銀座商店街連合会有志」による第1回目のとごしぎんざまつり開催に向けた準備が行われ、懇親会が開かれた時のことを今でも鮮明に覚えている!数名が当時の理事長達や幹部達にくってかかり、このままでは商店街は駄目になる!なんとかしましょう!と詰め寄っていた。

 私も「とごしぎんざブランド開発」や「空き店舗対策」に奔走していた頃で、思いが張り詰めており、かなり言いたいことを言わせて頂いたように思う。

 

 そして戸越銀座商店街連合会有志達との長い付き合いが始まり、今年「とごしぎんざまつり」は18回目を数え、現在では各商店街単独の事業よりも連合会で運営する事業の方がはるかに多くなってきた。共同開催の各種イベントやハード整備など、やっとスケールメリットが発揮できる組織になりつつある。

 

 

 平成10年5月4日に開催された第1回「とごしぎんざまつり」は、「1054とごしぎんざの日」としてスタートし、第2回目から3回目は江戸から明治にかけて戸越一帯が竹の子の一大産地だったことにちなみ、「とごしぎんざ竹の子まつり」となり、第4回目以降、今の「とごしぎんざまつり」となり、現在まで続いている。


第1回目の案内文書

 

*今年の「とごしぎんざまつり」は8/29(土)、30(日)です!

  もう少しすると公式サイトにイベントの詳細が掲載されます。

 

 

*次回は、8/13(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第58話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933