文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第58回】 2015/8/13(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第58回】 街頭インタビュー

 

2/2ページ

 

 「とごしぎんざまつり」は当初、「戸越銀座を広く知らしめて有名にしよう!」「日本一住みやすい街を目指そう!」というスローガンが掲げられ、戸越銀座の3つの商店街が初めて結集したこのイベントをマスコミにニュースとして取り上げてもらおうと、初めてプレスリリースのようなチャレンジが始まった。各マスコミの連絡先を調べ、「とごしぎんざまつり」開催の経緯や日時、対応担当者の連絡先を明記してFAXを送り続けた。

 

 するといくつかの媒体が開催をニュースとして取り上げてくれて、イベント当日は全国ネットのテレビ局が1社、中継してくれる事になった。わが商店街のイベントに全国ネットの中継カメラが入り中継してもらえるなんて、当時の実行委員会のメンバーはとてもやりがいを感じて大喜びだった。

 

 その後の「戸越銀座ブランド」のプレスリリースによる宣伝効果などもあり、マスコミ対応や情報発信の大切さをさらに感じていくことになる。マスコミに露出する事は費用対効果が大きく、潜在的な経済効果には計り知れないものがあるのだから、もっと効果的に情報発信やプレスリリースをするにはどうしたらよいか?という模索が始まった。

 

 そこで当時、戸越銀座銀六商店街単独で運営されていた「商店街のホームページ」を、連合会で運営する「ポータルサイト」として新たにホームページを作り、情報発信する事になった。

 

 2001年に「戸越銀座ネット」としてスタートしたポータルサイトは、2008年のリニューアルを経て管理者の設置と情報発信を強化し、お客様やメディアからの問い合わせ窓口を一本化するなどした結果、2015年現在では1日のアクセス数は平均2千人を超えるまでになっている。



戸越銀座商店街 Official Web Site

 

 

 

*次回は、8/27(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第59話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933