文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第60回】 2015/9/10(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第60回】 オレンジ色の憎い奴

 

1/2ページ

 

 2002年頃、「戸越銀座銀六商店街ホームページ」や「戸越銀座ネット」などによる情報発信で様々な情報も寄せられるようになり、商店街への要望も、企業や自治体だけではなく個人からも舞い込むようになっていた。

 

 そんなある時、自前の「着ぐるみ」を作ったので商店街をうろつく許可がもらえないか、さらに商店街の公認マスコットにぜひ、という内容のメールが届いた。少し戸惑ったが、せっかく連絡して来てくれたのに門前払いもいかがなものかと思い、会って話だけでも聞いてみる事にした。(しかし自前の着ぐるみで街をうろつきたいなんて、当時は「大丈夫かな・・・」というのが率直な感想だった。)

 

 そして、約束の日に現れたのは、さらに不安を駆り立てる風貌の青年だった。

 髪の毛を「オレンジ色」に染め上げ、人見知りの激しそうな雰囲気を醸し出し、経歴は最近、自衛隊を除隊したばかりのフリーライターというではないか・・メールの内容で思った「大丈夫かな・・・」という戸惑いが、現実として目の前に現れた!

 

 ただし、戸惑いと同時にこんな不思議な青年が目の前に現れた事に少し喜びも覚えていた。

 当時、商店街ではイベントや活性化事業を考えるのも実行するのも役員や組合員がほぼ全てで、よそ者が商店街に関わる事はあまり無かったし、よそ者や若者を雇う予算や受け入れる器量すら持ち合わせてはいなかった。

 そんなところへ現れた「よそ者、若者、ばか者(失礼を承知で)」が三拍子そろったようなこの青年に、街をうろつく為の条件を出した。「商店街のイベントの日に合わせて出演して一緒に盛り立ててもらえるならば許可を出します、それもボランティアで!」

 

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933