文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第61回】 2015/9/24(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第61回】 戸越銀次郎 誕生秘話・上

 

2/2ページ

 

 会議に犬山氏が加わり、戸越銀座商店街オリジナルの着ぐるみキャラクターコンセプト作りが始まった。

 当初は商店街を歩く子供たちのヒーローという案だったが、会議を重ねるうちに年齢に関わらず愛されるような可愛いキャラクターにまとまり、イメージが湧きやすいようにと犬山氏が自前の着ぐるみ「スパンキー」を持ち込んでメンバーへ見せながらの検討が進んでいるうちに、「スパンキーでいいじゃないか!」という意見も出てきた。しかし犬山氏によると、実際にスパンキーで活動してみると様々な障害に気付き、改善の余地があるので、せっかく新しいキャラクター作りに進みかけているのだから「スパンキー」をモデルに商店街らしい新しいキャラクターを生み出したらどうかと提案された。

 

 そこで、商店街のイメージといえば路地や野良猫、「商店街の路地を散歩する野良猫をスカウトして猫の手を借り活性化をしていく!」というようなコンセプトに基づき、犬山氏がデザインして、色や、形態、使い勝手など経験がふんだんに盛り込まれ、犬山氏が選んだ着ぐるみ制作に定評のある会社に依頼した。

 

 さらに名前を戸越銀座ネット上で公募し、ようやく誕生したのが、「戸越銀次郎」だった。

 

 

 当時の「わくわく委員会」のメンバーがとても興奮していたのを覚えている。また犬山氏も、初めて自前のキャラクターではない公共性の強い商店街のキャラクターをプロデュースして張り切っていた。

 


戸越銀次郎

修行中

 ただし、戸越銀座商店街連合会執行部の一部からは「もろ手を挙げて賛成というわけにはいかないぞ!」という厳しい意見も出された。若い奴らが勝手に暴走して何か始めたけれども、公式キャラクターというからにはそれなりの段取りや合意形成も必要だ!暫らくは非公認のキャラクターとして活動して修行を重ねろ!・・ということになった。

 

 

 

*次回は、10/8(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第62話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933