文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第62回】 2015/10/8(木)

>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第62回】 戸越銀次郎 誕生秘話・中

 

2/2ページ

 

 一方で「戸越銀次郎」の知名度は確実に高まり、イベントへ出演する情報が流れると近隣はもとより遠方から多くのファンが訪れるようになっていた。

 当時の戸越銀座といえば少しずつ遠方からも訪れるお客様が増え始めた頃ではあったが、わざわざ商店街のキャラクターに一目会いたくて遠方の日本各地からやってくる人たちに面食らっていた。

 

 ご存知のようにその後、全国的にご当地キャラクターブームが訪れ、各地のご当地キャラクターに会いに行く事は大きな観光資源となっていくのだが・・当時はまだまだブームが訪れる前で、その効果は半信半疑という状態だった。きびしい活動状況を打破しスタッフの負担を軽減する為には、活動費用を確保する必要があったのだが、なにせ未だ修行中の身分は変わらずイベントでかろうじてアルバイト代を確保しながらの綱渡りの活動であった為、大変苦労していた。

 

 そこで何とか戸越銀座商店街公認キャラクターとして認めて欲しい!と戸越銀座商店街連合会執行部の会議で直訴し、議題として取り上げられる事になった。

 この頃になると「戸越銀次郎」の活動や露出は多岐にわたる様になっており、組合員からも自店のイベントに呼べないか?店頭の看板に銀ちゃんの人形やイラストを使用したい!広告に登場して欲しいなどの依頼が増えていて、数々の実績が追い風となっていた。

 

 ただ公認キャラクターとして認めるとなると・・今までの戸越銀座は連合会とはいっても3つの商店街の寄り合い所帯で、イベントごとに予算計上し割合按分で都度賄っていた為、年間を通して活動する戸越銀次郎にかける予算は事前に連合会の年間予算として計上する必要に迫られた。

 今までは事あるごとに費用を持ち寄っていた3つの商店街が「戸越銀次郎」の出現によって連合会として初めて共通の年間事業「戸越銀次郎」を運営していく決断がなされようとしていた。

 

 

 認めるからには、ルールを明確に!費用対効果を重視すること!など厳しい意見も出されたが、これまでの活動実績からおおむね賛成意見が多く寄せられ、晴れて公認キャラクターとしての活動と予算計上が認められることになり、活躍は次のステージへと登り始めた!

 

 

 

*次回は、10/22(木)公開予定です。お楽しみに!

*都合により公開を10/29(木)に延期させていただきます。申し訳ございません。もう少々お待ちください。

 

|2

<< 前のページへ

第63話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933