文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第68回】 2016/2/12(金)

 
>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第68回】 若者・よそ者・ばか者 4

 

1/2ページ

 

 東急池上線戸越銀座駅のお隣、大崎広小路駅前にある立正大学経営学部の池上和男教授を、当時の品川区商店街連合会 平川事務局長より紹介されたのは、たしか2007年の事だった。

 

 立正大学の学生さんが地元 品川区の地域活性化を手伝いたいというので戸越銀座で活動できないか?というのだ。そのころマスコミに盛んに取り上げられていた「とごしぎんざブランド」の商品作りを手伝いたいと。

 戸越銀座の都市型観光化を進める中で地域の学生が商店街活性化を手伝ってくれるというのは大変有難い話で、新たな産学連携が出来ると思い、お願いする事にした。

 

 当初、池上教授からは学生たちに戸越銀座ブランドのTシャツなどのデザインをさせて欲しいと要望されたのだが、新しい観光資源開発を模索していた私たちは、コロッケのプロモーションがしたいので是非とも手伝って欲しいとお願いした。 「コロッケ・・?」 商店街のお肉屋さんや総菜屋さんで当たり前のように販売されている「コロッケ」を「戸越銀座コロッケ」にブランド化したいので力を貸して欲しいと説明した。

 

 

 というのも都市型観光商店街を目指すとはいえ、観光資源といえるものがあるのか?と悩んでいたのだが、此処にしかない・此処に来なければ買えない「とごしぎんざブランド商品」を生み出していく中で、前述したようなワークショップにも学生さん等に参加していただき消費者ニーズを探っていくと、少しずつ見えてきたものがあり、テレビや雑誌で紹介されることの多い対象店舗や商品には特徴があることに気付いた。

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933