文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第69回】 2016/2/26(金)

 
>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第69回】 戸越銀座コロッケ・上

 

2/2ページ

 

 池上研究室との企画会議を重ね、コロッケの販売店がプロモーションに参加してもらうための仕掛け作りが始まった。

 ご当地コロッケやブランドが確立された有名なコロッケは必ずと言っていいほど「ギフト」として宣伝されている。私たちも最初は、ギフトの体裁を整えて共通のブランド「戸越銀座コロッケ」として確立するためには何が必要でどの様にアプローチするべきなのか!などを学生と話し合い、また産学連携のお陰でプロモーションにあたり様々なプロの意見や助言も取り入れて行ける事となり、池上教授が参加する経済同友会の方々や地元企業も参加していただく事になった。

 

 ギフト用のコロッケボックスのデザインや形状、参加店舗へ設置するのぼり、マップ&チラシのデザイン、様々な媒体を利用した広告宣伝などを、学生と戸越銀座街づくりプロダクション「株式会社U-Design(ユーデザイン)」やプロの包材会社、さらにはマーケティング会社、地元のケーブルテレビ、そして品川区商店街連合会も参加し、実現に向けた準備が着々と進む中、私は資金繰りに行政へ掛け合うことになった。

 

 当時、戸越銀座は様々な活性化事業の結果、遠方からの来街者も増え知名度も上がっていたが、「戸越銀座をコロッケの街にしたいので助成金をお願いします!必ず成功します!!」と言ってはみたものの、戸越銀座商店街全店舗に対するプロモーションではないので、既存の助成事業での支援は難しいとの回答だった。そのかわり、戸越銀座ブランドの一部として核店舗支援事業として支援していただけることになり、当面の資金繰りの目処がつき、「戸越銀座コロッケ」の街づくりがスタートした。

 
プロモーション用ののぼりとチラシ
のぼりの銀ちゃんはほんのりコロッケ色ですね!

 

 

 

*次回は、3/10(木)公開予定です。お楽しみに!

*都合により、3/17(木)公開予定に変更となります。もう少々お待ちください。

 

|2

<< 前のページへ

第70話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933