文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第71回】 2016/3/31(木)

 
>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第71回】 戸越銀座コロッケ・下

 

2/2ページ

 

 「立正コロッケ」の販売は延べ5年以上続き、本当に多くの学生が参加してくれたのだが、一番大変だったのが「代替わり」だった。上級生たちが卒業してしまうと研究室の後輩たちに受け継がれるのだが、せっかく慣れてきた頃に選手交代となってしまうので池上教授は毎年大変苦労していた。

 そんな中でも、毎年卒業していく学生たちが最後の販売を終えると整列して私に謝辞を送ってくれて、「この経験が役に立ちました」などと、うれしい事をそれぞれ言ってくれたのには本当に感激した。中には就職の面接試験で戸越銀座コロッケ立ち上げに関わったことを誇らしげに語ってくれた学生もいたらしい。商店街も注目を浴び、お客様も楽しみに商店街へやってきて、学生の成長にも立ち会うことができたこの事業は、その後、飛躍的な進化を遂げていくことになる。

 

 当初、7軒のお肉屋さんやお惣菜屋さんを巻き込んで始まった「戸越銀座コロッケ」だったが、おでん屋さんのおでんコロッケ、ラーメン屋さんの餃子コロッケ、お蕎麦屋さんの蕎麦の実クリームコロッケ、洋食屋さんのフォアグラコロッケ、居酒屋さんのまぐろのホホ肉コロッケ梅コロッケなど、様々なお店のアイディア満載のコロッケも仲間に加わり、20種類を超える「戸越銀座コロッケ」のラインナップが揃い、戸越銀座は「コロッケの街」として認知されることが多くなった!

 

 驚いたのは、大手冷凍食品メーカーから「戸越銀座コロッケ」ブランドで冷凍コロッケを売り出したい!というオファーが舞い込み、近隣のスーパーマーケットでも「戸越銀座コロッケ」が販売されるなど、コロッケによって戸越銀座の知名度はさらに上がっていった事に、うれしさと同時に戸惑いも芽ばえ始めていて、この先の商店街の新たなビジョンを再考していくきっかけとなった。


当時の池上ゼミ&銀ちゃん集合写真

 

 

 

*次回は、4/14(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第72話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933