文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第73回】 2016/5/6(金)

 
>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第73回】 日本一というビジョン・中

 

2/2ページ

 

 戸越銀座は古くに創業した店、先代から引き継がれた店、新たに創業した店など様々な店によって形成されるが、最近新たに出店する店は物販店が減少し、飲食店の比率が急激に増えた。その結果、昼間の活性化だけではなく夕方から夜にかけてもさらに集客を考える必要に迫られた。

 繁華街のような立地ではない為、遠方から戸越銀座へ飲食目的にやってくるお客様は少なく、近隣のお客様に依存していたが、飲食店の数が増えると近隣のお客様だけではなく遠方からの飲食店目当ての集客も視野に入れた活性化策が急務となった。

 

 そんな頃、新聞で飲食店を中心とした「バルイベント」という記事を見つけて調べてみると、平成16年に函館で行われた「函館バル街」から始まったチケット制のイベントで、1枚のチケットで参加店舗が考えた特別メニューのワンプレート、ワンドリンクを楽しみ、購入したチケットの枚数分のお店をハシゴし、様々な飲食店の味や雰囲気をお試し体験してもらうことで新たなお客様を獲得しようという、とても画期的な企画だった。これは是非とも戸越銀座でも実現しようと、戸越銀座商店街連合会の仲間や戸越銀座街づくりプロダクション「株式会社ユーデザイン」に声をかけ、一緒にバルイベントを既に実施している街に出かけることにした。

 数箇所のバルイベントに参加してみて、「こんなに楽しくて飲食店の活性化にもつながるイベントができたら、さらに遠方からも集客が出来るかもしれない!」と参加者全員、かなり興奮したのを覚えている。

 

 

 それからは品川区や品川区商店街連合会、しながわ観光協会にも働きかけて、区内で始めての戸越銀座を中心としたバルイベントを開催するための準備がスタートした。

 

 

 

 

*次回更新は編集者の海外出張により未定です。少々お待ちください!

 

|2

<< 前のページへ

第74話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933