文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第74回】 2016/6/2(木)

 
>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第74回】 日本一というビジョン・下

 

2/2ページ

 

 戸越銀座の3つの商店街が連合会として「とごしぎんざまつり」をスタートして様々な事業を共同で行えるようになって、既に18年以上の歳月が流れ、近年では「戸越銀座商店街は1.3キロの通りにおよそ400店舗が軒を連ねる日本でも有数の規模の大きな商店街」と紹介されることが多くなった。

 私は戸越銀座だけではなく、戸越エリア全体の人、もの、こと、が結集し、地域資源を掘り起こし生み出すことこそが、地域住民や、商店街へ買い物や観光にやってくるお客様の求める「街」や「ふるさと」に対するアイデンティティ構築への道だと考えている。

 

 「日本一住みやすい街をめざして」というスローガンを掲げ、商店街の仲間と関わった様々な事業も、地域のお客様や遠方からお越しいただくお客様のニーズに応えられているのだろうか。「ほしい物がない」「ほしい時間に開いてない」「ほしい値段で売ってない」というお客様の意見に自問自答しながら、商店街や街のあるべき姿を考え続けている。

 商店街は商店主のものではなく、地域に暮らす人やお買い物やサービスを受けるお客様のものなのだから、単なる規模の大きな商店街を目指すのではなく、名実共に「日本一住みやすい街」を実現する為に、客観的な意見に耳を傾け常に情報を発信し、さらには地域の方々が自慢できる「ふるさと」を構築するプラットホームとして商店街が街を牽引していくことが、「日本一というビジョン」を掲げ実現するプロセスだと思っている。

 

 

 

*次回は、6/16(木)公開予定です。お楽しみに!

 

|2

<< 前のページへ

第75話へ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933