文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

 


【第76回】 2016/6/30(木)

 
>> バックナンバー
 

 

 

 

 

 【第76回】 戸越銀座の風景・下

 

1/2ページ

 

 多くの人が「ふるさと」を大切に思っているであろうし、私などはそう思うあまりに、家業を継いでからおよそ20数年間、「こんなはずじゃない!自分の知っている戸越銀座商店街はもっと輝いていた!」などと怒りにも似た思いで戸越銀座の風景を見つめてきた。

 

 最近は商店街を歩くと空を見上げることが本当に多くなった。電線が地中化されたことで四季折々の美しい空が戸越銀座を彩る、そんな風景が多くの人からSNSなどに投稿されると、近隣以外の方からも、「綺麗な空ですね」「素敵な商店街!」「美しい風景ですね」「一度は行ってみたい」などのコメントを目にするようになり、商店街のアーチや街路灯に映える美しい空が 新しい戸越銀座の風景 になってきたようで、長期に渡ったハード整備の苦労も報われる思いだ。

 

 しかし、電線が地中化され商店街がモール化されれば商店街は必ず活性化するというわけではない。ハード整備を優先した街づくりの失敗例は全国各地に無数に存在する。私たち戸越銀座が目指した風景は、ハード整備の準備と共に様々な「人、もの、こと」といったソフト整備から始まっていった。第1話で申し上げたように、商店街は無くても困らないが、こんな商店街の近くに住んだ方が暮らしはより豊かになる、「あったらいいなあ」と思う街、ふるさとが元気で楽しい自慢できる存在であり続ける為に、活気あふれる商店街を地域住民や若者の参加で実現していく方法がきっとあるのではないだろうか、といった思いで模索し、迷走しながら関わってきた。

 

 

1|

次のページへ >>

 

~著者プロフィール~

 

 

 

亀井 哲郎 (かめい てつろう)

 

昭和38年 戸越銀座生まれ。

 

家業の宝飾・時計・眼鏡販売店

「ギャラリーカメイ」を営む。

 

若くして、 

戸越銀座銀六商店街振興組合

理事長に就任。

 

商店街のブランド化などに取り組み、戸越銀座を全国区の商店街に育て上げた人物の1人である。

講演会なども全国で多数行っている。

 

 

 品川区商店街振興組合連合会では専務理事を務める。

 

http://www.togoshiginza.jp/

 

 

 

品川区商店街連合会
東京都品川区西品川 1-28-3 中小企業センター4F
TEL:03-5498-5931 FAX:03-5498-5933